【ハンドメイド雑貨屋の経理】その6・ビジネス専用口座を準備しよう!

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

今朝、Sawada家の高校生の娘は、「世界史がやばい・・・」と言いながら学校へ向かいました。中間テストですね・・・😑😑

どうやら、夕べはほぼ徹夜だったようで、何でもっと早く手を付けなかったのか・・・と、思いました。でも、学生ってそんなもんですね。

さて、スモールビジネスの経営者の皆さん、特に個人事業主の皆さん!!帳簿付け、手を付けていますか~!!

「まだやってません!」と言う方、手を挙げて🙋🙋🙋

はい。今手を挙げた皆さん、今日から帳簿をつけ始めましょう。もう10月も後半です。忙しい年末がやって来ます。着手できるのは今しかありません!!

さて、今日のブログは、ハンドメイド雑貨屋の経理の6回目。事業用資金の管理には、事業専用口座を準備するのがオススメです。キャッシュレス決済が増えてくると、この辺り、結構重要です。

👉👉👉
レザー小物を自分で作って売っているアキラさん。以前はIT関係の会社に勤めていましたが、大好きなレザー小物をお客様に届けたくて、「レザーファクトリー★ターコイズブルー」をネット上に開店して3年目。常連のお客様もついて来て、順調にビジネスが成長しています!


マインドマップを拡大
●何をもってビジネス専用口座と言うか。 専門用語として「ビジネス専用口座」というのがある訳ではありませんが、今回のブログでは、この様に捉えたいと思います。
プライベートな入出金を一切行わない口座!!
つまり、子どもの保育園料や、プライベートで使ったクレジットカードの引落などを行わずに、ビジネス上の売上金の入金、仕入代金や経費の支払、その様な入出金だけを行う口座です。
銀行によっては、アキラさんなら、「アキラ ターコイズブルー」などの屋号を口座名に付けた口座を開くことができますが、もし屋号で口座が開けない場合でもビジネス専用の口座を作ることをオススメします。
●なぜビジネス専用口座が必要か。
前回のブログでは、キャッシュレス決済で商品を購入するお客様が増えることで、売上金の入金にタイムラグがある、というお話をお伝えしました。
【ハンドメイド雑貨屋の経理】その5・ネット販売のキャッシュレス売上金の管理はどうする?
売上金のタイムラグがあるという事は、
売上高>仕入
であっても、今月の現金の…

【ハンドメイド雑貨屋の経理】その4・スモールビジネスの人件費ってどう考える?


スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

連休を使って、久しぶりに箱根に行って来ました。
子どものころから、箱根は折々に行っていたのですが、思えば、一回も晴れた日に行ったという記憶がなく、時にはどしゃぶりの中、芦ノ湖畔を散策したり、宿から出られなかったり・・。
今回の箱根旅行は、そういう意味で、初めての晴れの箱根!!富士山もばっちり見えて、大涌谷も楽しむことができました🌋

私以外の家族の行いが良かったということでしょうか・・・😁😁

さて、今日のブログは、ハンドメイド雑貨屋の経理の4回目。仕事を手伝ってくれた人に払う人件費についてのお話です。
👉👉👉
レザー小物を自分で作って売っているアキラさん。以前はIT関係の会社に勤めていましたが、大好きなレザー小物をお客様に届けたくて、「レザーファクトリー★ターコイズブルー」をネット上に開店して3年目。常連のお客様もついて来て、順調にビジネスが成長しています!




ビジネスの成長とともに、経理作業は発送作業がアキラさん一人では追いつかなくなってきて、友人のヤスさんと、一緒に住んでいる妻のユイさんにお手伝いをお願いすることにしました。

でも、ビジネス上のお手伝いをお願いをすることから、ヤスさんとユイさんには、時給1,000円で給料を払っています。

●個人事業の場合の人件費の考え方

個人事業者が支払う人件費については、ものすごくざっくり言うと、こんな考え方となります。

 他人に払う給与は給与!
 同じサイフで生活する家族に払う給与は、おこづかい!

つまり、同じ生計内で生活する人に対してお給料を払っても、個人事業の損益計算書では、必要経費に入れることはできません。

でも、それはあまりにも・・・ということで、条件付きで必要経費に入れることができます。では、アキラさんの場合を具体的に考えて行きましょう。

●妻のユイさんへの給与の取扱

ユイさんはアキラさんの奥さんで、一緒に住んでいます。つまり、同じ生計内で生活していることになります。

同じ生計内で生活している人への給与は、次の条件を満たした場合には、アキラさんの必要経費に入れることができます。

なお、アキラさんは青色申告者なので、それを前提に考えて行きます。

・ユイさんがアキラさんのビジネスに、専任して働いていること。(事業専従者であること。)
・1年間の半分以上、アキラさんのビジネスに専従していること。(状況により、半年以下でもOKな場合があります。)
・税務署に「青色専従者に関する届出書」をあらかじめ提出していること
・ユイさんに支払われた給与が、👆の届出書記載金額の範囲内であること。
・ユイさんに支払われた給与が、👆の届出書記載の方法で支払われていること。

※青色事業専従者に関する詳細は国税庁のHPを参照してください。

※青色申告者でない場合は、条件が変わりますので、ご注意ください。今回のブログではお話しませんが、国税庁HPを参照してください。

さて、ユイさんは昨年末に勤めていた会社を辞め、アキラさんのビジネスの手伝いを始めていました。割と忙しく、他でアルバイトなどもできなかったので、アキラさんのビジネスに専従していると言えるでしょう。

また、アキラさんはそれを見越して「青色専従者に関する届出書」は提出していたので、ユイさんに払う給与は、必要経費に入れることができます。

ユイさんへの給与は必要経費に計上します。
1,000円×150時間=150,000円

●友人のヤスさんへの給与の取扱

友人のヤスさんは、IT業界にいた時からの友人で、ウェブやPCなどの知識が豊富です。月に数回来てもらい、ウェブショップのサイトメンテナンスや、受注管理などを手伝ってもらっています。

ヤスさんは、当然家族ではない他人ですので、ヤスさんへ支払った給与は、必要経費に入れることができます。

ヤスさんへの給与は、必要経費に計上します。
1,000円×20時間=20,000円

●給与を払う時に、やらなくてはいけないこと。

家族であっても、他人であっても、給与を支払うことになる、ということは、アキラさんが雇用主となる、ということです。

雇用主となった場合には、従業員に対して管理責任が生まれます。それは、正社員として雇う場合も、アルバイトとして雇う場合も変わりません。

家族の場合はあまりトラブルにはならないと思いますが、他人を雇用する場合には、きちんとした書類を準備しておかないと、後々のトラブルの原因となるので、注意が必要です。

・雇用契約書を取り交わしましょう。
・扶養控除等申告書の提出をしてもらいましょう。または、扶養控除等申告書を他社に提出している人からは、受け取らないようにしましょう。
・1名でも人を雇ったら、労働保険に加入しましょう。
・正しく源泉所得税を計算し、手取額を計算しましょう。
・給与明細書を渡しましょう。
・年末調整を行い、源泉徴収票を発行しましょう。

人を雇った場合の手続きは、とても広範囲で複雑です。自分一人では難しい!と感じた場合には、お近くの税理士さんや社会保険労務士さんに相談してみてください。

👉👉👉👉👉👉👉👉
まとめ
💓家族への給与の支払は条件があるので、確認しよう。
💓人を雇ったら、さまざまは手続きが必要なので注意しよう。
💓青色、白色で家族への給与の取扱は変わるので注意しよう。
👉👉👉👉👉👉👉👉


【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
----
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

コメント