【ハンドメイド雑貨屋の経理】その6・ビジネス専用口座を準備しよう!

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

今朝、Sawada家の高校生の娘は、「世界史がやばい・・・」と言いながら学校へ向かいました。中間テストですね・・・😑😑

どうやら、夕べはほぼ徹夜だったようで、何でもっと早く手を付けなかったのか・・・と、思いました。でも、学生ってそんなもんですね。

さて、スモールビジネスの経営者の皆さん、特に個人事業主の皆さん!!帳簿付け、手を付けていますか~!!

「まだやってません!」と言う方、手を挙げて🙋🙋🙋

はい。今手を挙げた皆さん、今日から帳簿をつけ始めましょう。もう10月も後半です。忙しい年末がやって来ます。着手できるのは今しかありません!!

さて、今日のブログは、ハンドメイド雑貨屋の経理の6回目。事業用資金の管理には、事業専用口座を準備するのがオススメです。キャッシュレス決済が増えてくると、この辺り、結構重要です。

👉👉👉
レザー小物を自分で作って売っているアキラさん。以前はIT関係の会社に勤めていましたが、大好きなレザー小物をお客様に届けたくて、「レザーファクトリー★ターコイズブルー」をネット上に開店して3年目。常連のお客様もついて来て、順調にビジネスが成長しています!


マインドマップを拡大
●何をもってビジネス専用口座と言うか。 専門用語として「ビジネス専用口座」というのがある訳ではありませんが、今回のブログでは、この様に捉えたいと思います。
プライベートな入出金を一切行わない口座!!
つまり、子どもの保育園料や、プライベートで使ったクレジットカードの引落などを行わずに、ビジネス上の売上金の入金、仕入代金や経費の支払、その様な入出金だけを行う口座です。
銀行によっては、アキラさんなら、「アキラ ターコイズブルー」などの屋号を口座名に付けた口座を開くことができますが、もし屋号で口座が開けない場合でもビジネス専用の口座を作ることをオススメします。
●なぜビジネス専用口座が必要か。
前回のブログでは、キャッシュレス決済で商品を購入するお客様が増えることで、売上金の入金にタイムラグがある、というお話をお伝えしました。
【ハンドメイド雑貨屋の経理】その5・ネット販売のキャッシュレス売上金の管理はどうする?
売上金のタイムラグがあるという事は、
売上高>仕入
であっても、今月の現金の…

2019年1月からe-taxのメッセージボックスの利用に、マイナンバーカードが必要になります!


スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

いよいよ10月。消費税率の改定まで残り1年となりました。これから1年間はスモールビジネスの現場では、準備をしっかりしておきたい時期に入ります。

アンテナをしっかり立てて、直前に慌てないようにしたいですね。

👉👉👉
さて、今回は来年(2019年)1月から、個人の皆様のe-taxのメッセージボックスの閲覧方法の変更についてお伝えします。

スモールビジネス経営者の多くは、個人事業でビジネスを行っていると思います。となると、毎年の確定申告も自分でやっているのではないでしょうか。

また、法人を作ってビジネスを行っている方については、寄付金控除や医療費控除を確定申告で受けている方も多いと思います。

最近はe-taxで便利に確定申告ができるようになりましたが、年明けからe-taxのメッセージボックスについて注意が必要です。

●マイナンバーカードが無いと、メッセージボックスが見られなくなります。


個人事業者の皆様だけでなく、サラリーマンの皆様も、確定申告を行う場合があります。近年はe-taxを使って確定申告を行っている方も多いのではないでしょうか。

e-taxを利用する場合には、予め国税庁のホームページから、ID番号(利用者識別番号と言います)を取得しなくてはなりません。

ID番号を取得すると、各人にメッセージボックスが設けられ、ID番号と登録したパスワードを利用して、税務署からのお知らせや、過去の申告実績をそこから見ることができました。

2019年1月から、そのメッセージボックスを見るのに、一部マイナンバーカードが必要となります。

メッセージボックスは、今までのID番号とパスワードで開くことが出来ますが、申告に関わるメッセージについては、マイナンバーカードとリーダライターが無いと、開くことができなくなります。

●マイナンバーカードを取得しよう。

自分で確定申告を行っている方は、既にマイナンバーカードやリーダライターを持っていると思いますが、税理士に代理申告を依頼している人や、無料確定申告相談会場などでe-taxで代理申告をしてもらっている人は、マイナンバーカードを持っていない場合も多いと思います。

また、来年こそはe-taxに挑戦してみよう!という方も、マイナンバーカードが必要です。

今年も10月に入り、もう少しで2019年がやって来ます。e-taxの利用を考えている方は、早めにお住まいの自治体にて、マイナンバーカードを作成しておきましょう。

マイナンバーカードの作成までには、1か月半程度かかる場合が多いので、手続きは早めに取った方が良いでしょう。

●スマホで確定申告!!



2018年分の確定申告から、給与所得者の医療費控除、寄付金控除の還付申告がスマートフォンで申告ができるようになります。

今まではPCを開いて、リーダライターを繋げて、マイナンバーカードを挿して・・・と、e-taxで確定申告を行うハードルが高かった・・・。

でも、事前に届出をしておけば、マイナンバーカードが無くても、リーダライターが無くても、いつも使っているスマートフォンがあれば、e-taxで確定申告を行うことができます。

さて、事前の届出はこんな感じになります。

  1. 写真付きの身分証明書を準備します。
  2. 住所地の所轄税務署に行きます。
  3. 所轄税務署の職員に、「ID・パスワード方式の届出をしたい!」旨伝えます。
  4. 職員の案内に従い、税務署のパソコンで、住所や名前など必要事項を入力します。
  5. 職員に身分証明書を見せます。
  6. 職員がパソコンの該当欄に入力、チェックを行い、送信します。
  7. ID・パスワード方式の届出が完了します。

税務署まで足を運ぶのが少し大変ですが、確定申告そのものはグッと楽にできるようになりますね。新しく利用者識別番号を取得する人も、既に利用者識別番号を持っている人も、上記手続きをすれば、スマホで確定申告!ができるようになります。

●税理士へ「お知らせ」の転送設定へのご協力をお願いします!

メッセージボックスがマイナンバーカードが無いと見られなくなると、顧問税理士に確定申告に関する各種お知らせを送るのが少し面倒になってしまいます。お客様によっては、マイナンバーカードが手元になくて、各種お知らせを取得できない場合もあるかも知れません。

そこで、2019年1月中旬頃から、個人の皆さんのメッセージボックスに届いた確定申告に関するお知らせを顧問税理士に自動転送するための手続きができるようになります。

まだ詳しい仕様が発表されていませんが、顧問税理士から協力を依頼された場合は、是非手続きをお願い致します。スムーズな確定申告手続きを行うためにも、必要な手順ですので、ご協力お願いいたします!


【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!

★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
----
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

コメント