【ミュージシャンの経理】その6・ミュージシャンの在庫の話


スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

前回のブログ、「パワハラはスモールビジネスの経営者の皆さんの隣に・・・」の反響がとても大きく、パワハラはスモールビジネス経営者の皆さんにとって、とても大きな問題なんだな、と改めて感じました😔

働き方改革法案も成立したので、またブログを通じて注意したいことをお伝えします!

さて、ミュージシャンの経理の第6回は、在庫、つまり棚卸資産について。今日も中級編です。販売しようとして商品を買ったけれど、売れ残ってしまうこと、ありますよね。そういう場合の経理方法は、ちょっと独特です。


👉👉👉👉
シンガーソングライターのKAIさんは、ミュージシャンとして幅広く活動しています

ミュージシャンの経理・その5で、ビジネスを行っていく上で必要な考え方の一つとして、売上に対応した費用を把握するということをお話しました。

KAIさんが購入した楽器などの機材は、使える期間に、少しずつ経費にあげていくことになります。

さて、今日は楽器のように長い間使い続けるものではなくて、販売しようとしている商品についてのお話です。

ここでも、一番大切な考え方は、売上に対応した費用を把握することです。
その為には、「売れなかった商品」をどの様に経理するかがキモです。

スライドショーで確認してみましょう。



売れ残った商品は、在庫として、経理するときにも売上原価に入れないことが大切です。

売れ残った商品は、売れた時まで、倉庫でスヤスヤと眠っている・・・😴😴😴。そんなイメージで経理してみましょう。

【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
----
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

コメント