【ハンドメイド雑貨屋の経理】その6・ビジネス専用口座を準備しよう!

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

今朝、Sawada家の高校生の娘は、「世界史がやばい・・・」と言いながら学校へ向かいました。中間テストですね・・・😑😑

どうやら、夕べはほぼ徹夜だったようで、何でもっと早く手を付けなかったのか・・・と、思いました。でも、学生ってそんなもんですね。

さて、スモールビジネスの経営者の皆さん、特に個人事業主の皆さん!!帳簿付け、手を付けていますか~!!

「まだやってません!」と言う方、手を挙げて🙋🙋🙋

はい。今手を挙げた皆さん、今日から帳簿をつけ始めましょう。もう10月も後半です。忙しい年末がやって来ます。着手できるのは今しかありません!!

さて、今日のブログは、ハンドメイド雑貨屋の経理の6回目。事業用資金の管理には、事業専用口座を準備するのがオススメです。キャッシュレス決済が増えてくると、この辺り、結構重要です。

👉👉👉
レザー小物を自分で作って売っているアキラさん。以前はIT関係の会社に勤めていましたが、大好きなレザー小物をお客様に届けたくて、「レザーファクトリー★ターコイズブルー」をネット上に開店して3年目。常連のお客様もついて来て、順調にビジネスが成長しています!


マインドマップを拡大
●何をもってビジネス専用口座と言うか。 専門用語として「ビジネス専用口座」というのがある訳ではありませんが、今回のブログでは、この様に捉えたいと思います。
プライベートな入出金を一切行わない口座!!
つまり、子どもの保育園料や、プライベートで使ったクレジットカードの引落などを行わずに、ビジネス上の売上金の入金、仕入代金や経費の支払、その様な入出金だけを行う口座です。
銀行によっては、アキラさんなら、「アキラ ターコイズブルー」などの屋号を口座名に付けた口座を開くことができますが、もし屋号で口座が開けない場合でもビジネス専用の口座を作ることをオススメします。
●なぜビジネス専用口座が必要か。
前回のブログでは、キャッシュレス決済で商品を購入するお客様が増えることで、売上金の入金にタイムラグがある、というお話をお伝えしました。
【ハンドメイド雑貨屋の経理】その5・ネット販売のキャッシュレス売上金の管理はどうする?
売上金のタイムラグがあるという事は、
売上高>仕入
であっても、今月の現金の…

【ミュージシャンの税務】その2・所得税計算までの道!



スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

いやー、暑い!!この時期のブログの枕詞ですね😓でも、スモールビジネスの現場では、暑くても寒くても、業務は続いて行きます。暑さに負けないようにがんばりましょう!

さて、今日はミュージシャンの税務の2回目。所得税計算の基本を知りましょう。

実は、ミュージシャンの経理でお伝えした、損益の計算は多くの経営者の皆さんが既にやっていらっしゃると思います。なので、「そんなの知ってるよ!」という読者の方も多いのではないでしょうか。

でも、エスエス会計のスモールビジネス経営者のお客様からお伺いするのが、
「税金の計算方法がわからない」というものです。

利益を元に税金を計算することはわかるんだけど、よくは知らない・・という方は結構いらっしゃいます。

👉👉👉👉
シンガーソングライターのKAIさんは、ミュージシャンとして幅広く活動しています。
ミュージシャンの税務・その1で、青色申告決算書を作成しました。

いよいよ、20X8年の所得税を計算して行きます。少し税務上の話になるので、専門用語が出て来ますが、覚えておいていただきたい言葉なので、ちょっとお付き合いください!

さて、20X8年のKAIさんの確定申告書はこんな感じ。


総所得金額を計算しよう。

最初の専門用語「総所得金額」。
これは、👆のKAIさんの確定申告書の左の列、水色で書かれた「所得金額」の合計金額⑨です。

KAIさんは、今年の収入はミュージシャンとしての事業による所得「事業所得」のみだったので、KAIさんの今年の総所得金額は事業所得の金額となります。

もし、脱サラしたばかりの方の場合は、給与所得があるでしょう。また、不動産を貸している収入のある方は、不動産所得があります。

その様なその年の全ての所得を足したものが総所得金額となります。
※株や土地などの譲渡所得などの分離課税となるものは別の計算となります。

所得控除金額を計算しよう。

次の専門用語「所得控除」。

これは、👆のKAIさんの確定申告書の左の列、ピンク色で書かれた「所得から差し引かれる金額」の合計25番の金額です。

いろいろな項目が並んでいますが、簡単に言うと、所得控除とは、税金を徴収する際に、その人の個人的事情を考えて、生活に必要な金額を税金計算の対象からはずすためのものです。

項目を見てみると、いろいろな控除の種類が書かれています。社会保険料控除、生命保険料控除、医療費控除などなど。

税金は、「課税の公平」と言って、広く公平に課税する、という原則があります。所得が低い人が、生活の為に必要な出費をした場合には、税金計算で考慮され、税負担が少なくなります。

KAIさんは、今年は所得控除に該当するものは、ありませんでした。でも、よく見てください。「基礎控除」という欄に380,000円が記入されています。

これは、確定申告をする個人なら、1人につき380,000円を無条件で控除してくれるものです。なので、特に所得控除に該当するものが無くても、基礎控除の380,000円は忘れずに記入しましょう。

課税される所得金額

次の専門用語「課税される所得金額」です。

これは、👆のKAIさんの確定申告書の右の列が所得税を計算する項目です。

ここでは、総所得金額から所得控除金額を引いた金額を言います。なお、1000円未満の端数が出た場合は切り捨てます。なので、必ず末尾は000となります。

課税される所得金額に対する税額

いよいよ税額です。今回は個人の所得に対して課税される税金なので、所得税の金額です。

「課税される所得金額」を所得税の税率表にあてはめて、所得税額を計算します。
この税率をよく見ると、所得金額が低いほど税率は低く、高いほど税率が高くなっています。(超過累進税率って言います。)

これも、課税の公平を考えて、所得の高い人に多い負担をしてもらう、という考え方で決められています。

●復興所得税

最後に、👆で計算した所得税に2.1%を掛けて、復興所得税を計算します。
東日本大震災の復興を目的に定められた税金で、平成49年まで課税されることになっています。

●納める税金

そして、計算した所得税と復興所得税を足した金額が納める税金の額になります。
ただし、100円未満の端数が出た場合は、切り捨てることになります。

これで、所得税額計算は終了です。所得税は3月15日までに忘れずに納税をするようにしましょう。

👉👉👉👉👉👉👉👉
まとめ

💓総所得金額は、その年のあなたの所得の合計金額です!

💓所得控除は、あなたの個人的事情を所得から引いてくれる制度です!

💓総所得金額から所得控除額を引いた金額に税率をかけて所得税金額を計算します!
👉👉👉👉👉👉👉👉

【後記】
今日のブログは、少し専門用語が多くなってしまいました。スモールビジネス経営者の皆さんの苦手を少しでも無くしたい!経理へのハードルを下げたい!というこのブログのミッションからは、少しずれてしまいました・・・申し訳ございません😔

でも、最低限の専門用語を知っていると、いろいろな確定申告に関する情報にアクセスしやすくなるのも事実です。ぜひ覚えておいてください!!

【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
------
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

コメント