【カフェの経理】その3・カフェの在庫の話

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

お盆休みの方の多いのかな・・・と思いますが、誰かが休みの時にこそがんばっているスモールビジネスの経営者の皆さんも多いかな、と思います。お忙しいと思いますが、がんばってください😊

さて、今日のブログはカフェの経理シリーズの第3回。カフェの在庫の話についてです。
👉👉👉👉

マインドマップを拡大
ユキコさんは、会社勤めの傍ら、ずっと夢だったこだわりの紅茶とコーヒー、そして手作りの焼き菓子を提供するカフェを開店することができました。そして、「株式会社オレンジペコ」を設立し、法人として大手百貨店への出店を目指していきます。

さて、そんなユキコさんのカフェの経理について、前回は売上原価の経理についてまとめました。
【カフェの経理】その2・カフェ経営の売上原価の話

売上原価というのは、売上と直接関係のある費用、主に仕入のことである、ということは前回のブログ👆で解説しました。

●在庫って何? ユキコさんはケーキの原材料になる小麦粉を契約している農家から直接買い付けをしています。購入するときは、5Kg入りの袋を10袋、というように、ある程度まとまった数量で購入します。

一気に10袋を使ってしまうわけではないので、購入したけれどまだ使っていないものが存在します。

また、お店で雑貨を販売するために、海外の雑貨を自ら買い付けて来ますが、全ての雑貨がすぐに売れて行くわけではありません。

このように、まだ売れていない商品や、未使用の原材料のことを、在庫と言います。経理の専門用語で言うと、棚卸資産と呼びます。

そして、一定期間ごとにお店や会社にある在庫を、一個一個数える作業を行います。これを棚卸と言います。

●棚卸表を作成しよう。 ユキコさんは、原材料の使用状況や消費期限の確認などを行うために、毎月末に棚卸作業を行っています。

ユキコさんは↓のような棚卸表を作成し、数量と原価を記入しています。



ユキコさんが作成した棚卸表によると、8月末の棚卸の結果、棚卸資産の合計額は75,900円であった、ということがわかります。

この75,900円は、8月の仕入金額からは抜いて、会社のストックとして、別に貸借対照表に記録しておきます。

貸借対照表と損益計算書については、また後日詳しく説明します。今回は、ストックは…

【カフェの経理】その1・カフェ経営の売上とは?



スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。

エスエス会計所属税理士のSawadaです。
週末は、Fuji Rock Festival 2018が苗場で開催されました。もちろん、私は行っていません・・・。でも、行きたかった・・・。ボブディランの登場!!行きたかった・・・。

なので、週末はずっとライブストリーミングを見ていました。2つのチャンネルをチャットを飛ばしながら見ていると、現地の雰囲気が伝わってくるようで、とても幸せな週末でした。やっぱり、音楽の力はすごいな、と思います💕

さて、今日からスモールビジネスの経理と税の新しいシリーズが始まります。前回のミュージシャンの経理と税は、個人事業についてお伝えしましたが、今回のシリーズは、カフェ経営をしている法人をテーマにお伝えします。

スモールビジネスの経営者の皆様の中には、個人事業ではなく法人を立ち上げていらっしゃる方も多いと思います。今、法人は資本金1円から作ることができるので、社長1名のみの法人も多いのではないでしょうか。

そんなスモールビジネスの法人の経理について、経理ソフトの使い方を含めてお伝えして行きましょう。

その第一回目は、カフェ経営の売上についてです。
👉👉👉👉


ユキコさんは、会社勤めの傍ら、ずっと夢だったこだわりの紅茶とコーヒー、そして手作りの焼き菓子を提供するカフェを開店することができました。

今後、百貨店などへの出店も目指したいと思い、思い切って「株式会社オレンジペコ」を設立し、法人としてスタートしました。

さて、そんなユキコさんのカフェの売上について、気を付けたいところはどこでしょうか。

●毎日の売上はレジシートを活用しましょう。

毎日のお店での売り上げは、レジを打ってレシートの発行を行い、また、売上の登録をしています。
レジには、毎日の売上を締めきって集計する機能があるので、それを活用しましょう。

・レジシートに計上されている現金売上はそのまま売上に計上できます。

 現金売上 15,000円

・クレジットカードによる売上は、現金は後で受け取るけれど、売上にあげなくてはなりません。

 カード売上 20,000円

ポイントは、今日の販売したフードの売上は、現金を受け取っていてもいなくても、今日の売上!!です。

●近所のレストランにケーキを卸売りした売上

ユキコさんは、開店前に近隣の人たちを呼んで、試食会を開きました。そこで、ユキコさんの焼き菓子を気に入ってくれたレストランのオーナーが、お菓子を仕入れたいと言って来てくれました。

1日おきに30個のお菓子を納品し、代金は一か月分まとめて、翌月10日に払ってもらうことになりました。

お菓子30個の売上 6,000円

代金の支払は来月でも、今日納品した商品は、今日の売上!

●これを経理ソフトに入力してみましょう。

ユキコさんは、帳簿入力機能を使って入力することにしました。


・現金売上は、現金出納帳から入力します。


・クレジットカード売上は、現金をまだもらっていません。この様に、まだ現金を回収していない売上のことを売掛金と言います。売掛金は相手先毎に管理すると便利なので、補助科目を設定し、売掛帳から入力します。

・レストランへのお菓子の卸売りも、まだ現金をもらっていない売上なので、売掛金として入力しておきます。もちろん、補助科目を設定して、入金の管理をやりやすくします。

このように、代金の回収方法ごとに入力しましたが、今日一日の売上はちゃんと集計されています。

👉👉👉👉👉👉👉👉
まとめ

💓まだ受け取っていない売上も、きちんと計上しよう。

💓補助科目を上手に使って、管理しやすくしよう。

💓経理ソフトを使おう!
👉👉👉👉👉👉👉👉
【後記】
いきなり経理ソフト!!とハードルが上がった感じがありますよね。(ミュージシャンの時は手書きだった・・・)その理由を少し説明します。

法人の経理は、個人事業に比べて、しっかりと簿記のきまりに従った経理をすることが必要となります。もちろんExcelでスタートすることも可能ではありますが、Sawadaとしては、あまりお勧めはしません。

簿記の仕組みは、一般的に考えるよりはるかに複雑で、Excel一本でそれを実現するのはかなりの技術が必要になります。Excelでスタートして、途中で無理だ~!!ということで経理ソフトへ入力しなおすのは、それこそ時間がもったいないです。

今は安い経理ソフトも出ています。使いやすい経理ソフトを導入することをお勧めします!

会計ソフトについて考えてみる

【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
----
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

コメント