【ミュージシャンの税務】その1・いよいよ青色申告決算書を作ろう!



スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

ブログの更新がちょっと間が空いてしまいました・・・。先週から税理士会の研修会に参加していました。税理士登録を行うと、必ず3日間の研修に出席しなくてはなりません。なので、3日間みっちりと、税法、租税法、争訟法、民法などの法律に関する講義を受けて来ました。

このブログでは、経理、会計を中心にお伝えしていますが、税金の金額を考える上で大切な「税に関する法律」の知識も、少しずつ、わかりやすくお伝えしていきます!

さて、今回からブログのタイトルが地味に変わっていることにお気づきでしょうか。
「ミュージシャンの税務」・・・。

前回までの「経理」シリーズで、ミュージシャンKAIさんの一か月の最終損益が出て来ました。そんなKAIさんが、1年を過ごし、いよいよ確定申告の時期が来ました。

確定申告は難しい言葉が出てきて、わかりづらい!と言われます。でも、何をやっているのかがわかると、自分の税金について、積極的に考えられるようになりますよ!

👉👉👉👉
シンガーソングライターのKAIさんは、ミュージシャンとして幅広く活動しています

ミュージシャンの経理・その7までKAIさんの20X8年1月のビジネスの成績表を作成することができました。


さて、そんなこんなで1年が過ぎ、あっという間に20X9年2月。いよいよ去年の確定申告を行う時期となりました。

●1年間のビジネスの成績表を集計しよう!


KAIさんは、自分で成績表を書いてみることで、毎月どの位の損、または利益がでていたかが把握できやすいので、そのまま12月まで作って行きました。

さて、まずは12か月分の成績表を出してきて、全部項目別に足して行きましょう。
その結果がこちら。

1月は惜しくも赤字だったもの、その後のライブ活動が順調に行ったため、年間合計では、987,200円の黒字でした!!

毎月、きちんとビジネスの成績表を付けていくことによって、赤字を継続しないで済んだ、ということです。

また、年間合計のビジネスの成績表では、その他の必要経費欄に、減価償却費260,600円が記入されています。こては、【ミュージシャンの経理】その5・ミュージシャンの固定資産の話?で計算した、今年買ったギター、機材、自動車の減価償却費です。

年間集計を行う場合には、忘れずに記入しましょう。

●青色申告決算書を作ろう。


それでは、このまとめた損益を「青色申告決算書」に書いて行きましょう。
税務署から送られてくる用紙に記入しても良いのですが、今回は国税庁ホームページの確定申告書作成コーナーを使って、入れて行きましょう。



今回は、詳しい入力の仕方は割愛しますが、入力してみたところ、こんな感じになりました。
数字はまとまっているので、該当の場所に入力していくだけ。すごく簡単でした。

●青色申告特別控除ってなんだ?


さて、ここからが「税務」の話です。
KAIさんの入力した青色申告決算書の数字を良くみてみましょう

KAIさんんが自分で集計した昨年の利益は987,200円です。でも、そこから100,000円の
青色申告特別控除を引いて、所得金額は887,200円となっています。

この青色申告特別控除って何でしょう?

実は、KAIさんは以前税務署に、「所得税の青色申告承認申請書」という書類を提出していました。

この書類を提出することで、確定申告の時にいろいろな特典を受けることができるスグレモノの申請書です。この申請書を出すと、要件は様々ありますが、ざっくりと次のような良いことがあります。

  • 前年が赤字、今年が黒字の場合、前年の赤字と今年の黒字を通算できます。☞今年の税金が安くなる!
  • 家族がビジネスを手伝ってくれる時に、給料を出すと、それが経費になります。☞今年の税金が安くなる!
  • 毎年の利益から100,000円または650,000円を引いてくれます。☞今年の税金が安くなる!
KAIさんの青色申告決算書に書いてあった100,000円は、3番目の青色申告特別控除です。

青色申告の承認を受けた人は、100,000円をその年の利益から引いた金額を、その年のビジネスから出た所得として、税金の計算をすることができます。

ただし、簡単でも良いので、帳簿を作成しておくことが条件になります。
KAIさんは、ビジネスの成績表を作るときに、売上や経費の一覧表も家計簿程度ではありますが、作っていたので100,000円の控除を受けることができました!!

ちなみに、650,000円の青色申告特別控除を受けたい場合には、ちゃんとした簿記のルールに従った帳簿付けが条件となりますので、ちょっとハードルがあがります。

でも、最近は良い会計ソフトが安く販売されているので、ソフトを使うことで、簿記のルールに従った帳簿作成をすることができます。

KAIさんも来年は650,000円にチャレンジしてみようかな・・・と思ったところです。


👉👉👉👉👉👉👉👉
まとめ

💓確定申告では1年間の成績表の総合計を使います!

💓毎月成績表をつけていれば、青色申告決算書はラクに作れます!

💓青色申告特別控除はとてもオトクな制度です。帳簿を付けて活用しましょう!
👉👉👉👉👉👉👉👉

【後記】
今回からいよいよ税務のお話です。具体的な確定申告のやり方は、また来年に詳しくお話しようと思います。
ミュージシャンの税務シリーズでは、スモールビジネス経営者の皆様に最低限知っておいて欲しい、税務の考え方をお伝えしたいと思っています。

せっかく儲かったのに、税金で取られてしまうなんて・・・と思うかも知れませんが、ビジネスと切っても切れない納税。きちんと計算して、払い過ぎや払い漏れがないようにしたいですね。

【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
------
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

コメント