年末調整特集2018オープン~年末調整の準備、お手伝いします~

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

いよいよ11月。今年もラストスパートに入りますね。

エスエス会計のホームページでは、スモールビジネスの経営者の皆さんのラストスパートのお手伝いをすべく、年末調整特集2018がオープンしました🎉🎉

従業員がいる経営者の皆さんにとって、年末の忙しい時に行わなくてはいけない年末調整を、少しでもシンプルにできるよう、スライドショーを使って丁寧に解説しています。

従業員の皆さんが、自分で年末調整用紙を書けるよう、
「従業員の皆様へ!年末調整書類作成お助けページ」 も開設!経営者の皆さんの手をわずらわせずに、完璧な書類提出ができるよう、お手伝いいたします。
今年から加わった配偶者控除等申告書や、記載事項が多くて大変な扶養控除等申告書の書き方もスライドショーを見ながら書けば、迷わず申告書が作成できます!
是非、エスエス会計の「年末調整特集2018」をご利用いただき、年末調整をシンプルにしましょう!

【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting
----
にほんブログ村 経営支援
にほんブログ村 自営業・個人事業主

スモールビジネスの経営の形~個人事業と法人~


スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

今日は、税理士会の2018年税制改正のセミナーに行って来ました。エスエス会計のある新中野は、会場だった中野サンプラザから歩いて15分位。盛りだくさんの税制改正で頭がいっぱいですが、新しく仕入れた情報も、少しずつブログやフェイスブックでお知らせして行きたいと思います!!

さて、領収書の話も、会計ソフトの話も書いたのですが、一番大事なオオモトの話がまだでした。

そう、「個人事業」って何???

スモールビジネスと一口に言っても、会社を作っている人、フリーランスとして一人で活動している人、仲間と動いている人、本当に様々です。

今回と次回のブログで、税や会計の立場から考えるスモールビジネスのカタチの一つ、個人事業と法人の違いについて、ちょっと書いてみようと思います。


  • 個人事業とは

    読んで字のごとく、「個人」で行う「事業」を一般に個人事業と呼んでいると思います。ネットショップの経営者も、ミュージシャンも、不動産を貸している人も、●●会社、という名前を名乗らずに商売を行っている人を一般的には皆さん、個人事業主、ということになります。
  • 法人とは

    法人は、「法人」として法務局に登記し、●●株式会社、●●合同会社、特定非営利活動法人●●、など、「法人」や「会社」として名乗っている団体のことを呼びます。
    「法人」として登記されていない団体は法人を表す「会社」「法人」を名乗ることはできません。
  • 何が違うのか

    個人事業は、基本的に個人として商売をしますので、商売から得た売上は全て自分のものになります。また、商売上必要な経費も、自分のポケットマネーから出て行きます。

    従って、個人事業から得た儲けは、まるまる自分のポケットに入れることができます!!

    法人は、個人とは別の「人格」を持ちます。なので、法人は人ではありませんが、取引の当事者となって、商売を行うことができます。

    なので、社長であっても、「法人」のお金は自分のお金にはなりません・・・残念ながら。

    「法人」のお金は、あくまでの法人のものなので、社長は給与や配当という形でしか、「法人」で得た利益を自分のものにすることができません。

    同じ人が個人事業で商売を行う場合と、「法人」の社長として商売を行う場合の大きな違いは、商売で得た利益をどのようにして自分のポケットに入れるか、という部分がスモールビジネスを行う上で、なかなか理解しづらいところでもあり、大きな違いでもあります。
  • どちらが得か、どちらが損か。

    時々お客様から聞かれることではありますが、こればかりは商売の状況によってどちらがいい、と一概にいう事ができません。

    一般論で言うなら、●●株式会社、と付いていることにより、商売相手からの信用が得られやすい、というのはあると思います。

    でも、「法人」は赤字であっても地方税の均等割り(定額でかかる税金)がかかったり、役員の重任登記など、コストがかかるという現実があります。

    ただし、例えば税理士などの士業の場合は、「法人」を名乗るためには厳格な基準があったり、商売の性質によっては個人事業でせざるを得ない、という場合もあります。

    なので、こればかりは、どちらが損とも得とも、一義にいう事はできないかも知れません。
というように、スモールビジネスと一口で言っても、個人事業、法人とメリット・デメリットがそれぞれあるので、スモールビジネスの経営者の皆様が、どの様にビジネスを展開していくか、という「先を見ていく」中で、ビジネスのカタチも変わっていくのではないか、とSawadaは考えております。

なお、我がボスの意見では、一貫して「ビジネスは法人を目指して欲しい!!!」というものがあります。

やはり、経営者である以上、法人を見据えてビジネスを成長させていっていただきたい!エスエス会計はそこを応援していきたい!と思っています。

なぜ法人を目指して欲しいと考えているかは、またいずれ・・・。

★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting

コメント