【ハンドメイド雑貨屋の経理】ネット通販の売上はどう経理する?

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

9月も後半に入りましたが、雨が続いています。急に涼しくなったのですが、衣替えが追い付いていません。

周りでも、風邪を引いたり、体調を崩している人も多いです😞皆さま、体調管理にお気をつけください。

👉👉👉
さて、今日から新しいシリーズが始まります。
今回から、10回にわたってハンドメイド雑貨屋の経理をお伝えしていきます。ネット通販を使えば、誰でも「おひとり様メーカー」になることができるこの時代。自分の好きな事をビジネスにできるって素晴らしいことです。

だからこそ、長くビジネスを続けるために、しっかり経理を行って、赤字にならない経営を目指して行きましょう。

マインドマップを拡大

新しいシリーズの主人公は、レザー小物を自分で作って売っているアキラさん。以前はIT関係の会社に勤めていましたが、大好きなレザー小物をお客様に届けたくて、「レザーファクトリー★ターコイズブルー」をネット上に開店して3年目。常連のお客様もついて来て、順調にビジネスが成長しています!

●ネットショップの売上の注意点 ネットショップに出店し、そこで商品を販売すると、銀行に売上が振り込まれてきます。
でも、10,000円の売り上げが上がったとしても、入金されるのは10,000円ではなく、9,000円です。つまり、売上金額からネットショップの運営業者に支払う手数料です。

この場合の売上は、10,000円?9,000円?迷いますね。
経理の世界では、売上と費用は別々に考えます。

売上→ネットショップの売上は10,000円。
費用→ネットショップのシステム利用料は1,000円。
手取→預金に入金されるのは10,000円-1,000円=9,000円。

この様に考えます。

●自分のオンラインショッピングサイトでの売上の注意点 アキラさんは、大手の通販サイトでの出店の他に、自分のホームページ上にもオンラインショッピングサイトを置いています。

ここでは、主にセミオーダー品の受注を行っており、大手の通販サイトでの販売よりも上位商品を取り扱っています。

ここでは、決済はクレジット決済に限定しています。

クレジット決済の場合も、10,000円の売り上げが上がったとしても、入金されるのは10,000円ではなく、9,700円です。つまり、…

【ミュージシャンの経理】その4・収入-(売上原価+必要経費)=利益!!のはなし。



スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

突然ですが、日本代表!!やりました💪💪💪ワールドカップ初戦の勝利!
全ての選手がひとつひとつ目の前の課題をクリアしながら、一歩一歩上ってきたワールドカップまでの道のりが、走る選手達の後ろに見えるようで、ちょっとぐっと来るものがありました・・・。このまま、グループリーグ突破!!祈るしかない!!

ということで、Sawadaは音楽も好きですが、スポーツも好きなので、ワールドカップとオリンピックの時は、テレビから離れられません・・。正直寝不足です・・。

さて、ミュージシャンの経理の第4回は、個人事業の「利益」について。


👉👉👉👉
シンガーソングライターのKAIさんは、ミュージシャンとして幅広く活動しています
第1回から第3回までのブログで、収入、売上原価、必要経費について見て来ました。
さて、ここで満を持して登場するのが「利益」です。

スモールビジネスであれ、大きなビジネスであれ、ビジネスの大きな目的は利益を出すことにあります。

KAIさんの様な個人事業主であるミュージシャンであっても、音楽を生業とする以上、自分が奏でる音楽を商品として売り、そこから利益を得て、その利益で日々の生活を行うことになります。

つまり・・・利益がでないと、生活できない!!

ということになります。生々しい話になりますが、これがビジネスの現実だとも言えるでしょう。

NPOの様な非営利団体であっても、KAIさんのような個人事業主であっても、または、法人であっても、どんなに素晴らしいミッションのある事業であっても、利益の出ないビジネスは、継続が難しいのです。

●ビジネスで言う利益とは?


単純に言うと、利益とは「収入-(売上原価+必要経費)=利益」です。

自分の「音楽」という商品を、ライブやスクールというサービスという商品にして販売したり、またはCDという「モノ」に加工して販売することから収入を得ます。

その収入を得るためにかかった、売上原価や必要経費を、収入から引くと、その残りの金額がビジネスから得た利益ということになります。

そして、その利益こそが、ビジネスの成績と言えるでしょう。

●KAIさんの場合


さて、KAIさんの20X8年1月のビジネスの成績は、果たして利益だったでしょうか?赤字だったでしょうか。

KAIさんは、毎月自分のビジネスの収支を紙に書いて集計してみることにしました。こんな感じです。



集計してみたところ、1月は48万円の赤字のようでした。

KAIさんはビジネスの種類ごとに色分けして表に書いてあるので、全体をながめてみると、いろいろな課題が見えてきます。例えば・・・

・ネットスクールの講師収入が伸びてきたけれど、設備を買ったので、赤字になってしまった。2月はもう少し生徒数を増やしたい。

・通常ブッキングのライブは、あまり経費はかからないようだ。

・KAI MUISIC FESは、チケットが完売したおかげで、利益が出た。

毎月このようなビジネスの成績表を付けることによって、自分のビジネスをどの様に続けていくか、少し客観的に考えることができるようになるのです。

●毎月やってみよう!


KAIさんの様に、毎月ビジネスの成績表をつけていくと、課題の解決も素早く行うことができます。

年に一回では、既に手遅れになってしまうようなこともあるかも知れません。

月が変わった最初の週末にやる!
翌月1日は成績表作成Dayにする!

など、ご自分のタイミングを決めて、毎月のルーティーンにしていくことが、継続のコツです。自分のビジネスの成績が良くなっていけば、成績表を作ることがきっとたのしみになりますよ!

👉👉👉👉👉👉👉👉
まとめ

💓ビジネスの成績表をつけて、利益が出たか、赤字だったか確認しましょう!

💓一枚の紙に、色分けして書いていくと、ビジネスの分析がやりやすい!

💓毎月、タイミングを決めて行えば、そんなに大変じゃありません!
👉👉👉👉👉👉👉👉

【ご注意】
会計上の収入、費用の取扱は一義ではありません。本ブログはあくまでも参考として、皆様のビジネス上の判断は慎重に行ってください。もし判断に迷う場合は、専門家にご相談して、正しく確定申告を行ってください。
もちろん、エスエス会計にご相談いただけましたら、幸いに存じます!
★★エスエス会計についてもっと知りたい方はこちら★★

坂上信一郎税理士事務所ホームページ
あなたのビジネスの価値高めるお手伝いをします!

Small Business 3・6・5 Days ホームページ
スモールビジネスの経営者の皆様を全力で応援します!

The仕訳~毎日の仕訳はコツをつかんでスムーズに~
経理処理に欠かせない「仕訳」のコツをお伝えします!

------
坂上信一郎税理士事務所
(エスエス会計)
〒164-0011
東京都中野区中央4-9-6
TEL: 03-3382-0664
FAX: 03-3382-9539
Mail: info@ss-accounting.com
Chatwork: ssaccounting

コメント