投稿

【ミュージシャンの税務】その2・所得税計算までの道!

マインドマップを拡大
スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

いやー、暑い!!この時期のブログの枕詞ですね😓でも、スモールビジネスの現場では、暑くても寒くても、業務は続いて行きます。暑さに負けないようにがんばりましょう!
さて、今日はミュージシャンの税務の2回目。所得税計算の基本を知りましょう。
実は、ミュージシャンの経理でお伝えした、損益の計算は多くの経営者の皆さんが既にやっていらっしゃると思います。なので、「そんなの知ってるよ!」という読者の方も多いのではないでしょうか。
でも、エスエス会計のスモールビジネス経営者のお客様からお伺いするのが、 「税金の計算方法がわからない」というものです。
利益を元に税金を計算することはわかるんだけど、よくは知らない・・という方は結構いらっしゃいます。

👉👉👉👉
シンガーソングライターのKAIさんは、ミュージシャンとして幅広く活動しています。
ミュージシャンの税務・その1で、青色申告決算書を作成しました。
いよいよ、20X8年の所得税を計算して行きます。少し税務上の話になるので、専門用語が出て来ますが、覚えておいていただきたい言葉なので、ちょっとお付き合いください!

さて、20X8年のKAIさんの確定申告書はこんな感じ。

●総所得金額を計算しよう。 最初の専門用語「総所得金額」。
これは、👆のKAIさんの確定申告書の左の列、水色で書かれた「所得金額」の合計金額⑨です。

KAIさんは、今年の収入はミュージシャンとしての事業による所得「事業所得」のみだったので、KAIさんの今年の総所得金額は事業所得の金額となります。

もし、脱サラしたばかりの方の場合は、給与所得があるでしょう。また、不動産を貸している収入のある方は、不動産所得があります。

その様なその年の全ての所得を足したものが総所得金額となります。
※株や土地などの譲渡所得などの分離課税となるものは別の計算となります。
●所得控除金額を計算しよう。 次の専門用語「所得控除」。

これは、👆のKAIさんの確定申告書の左の列、ピンク色で書かれた「所得から差し引かれる金額」の合計25番の金額です。

いろいろな項目が並んでいますが、簡単に言うと、所得控除とは、税金を徴収する際に、その人の個人的事情を考えて、生活に必要な金額を税…

【ミュージシャンの税務】その1・いよいよ青色申告決算書を作ろう!

【ミュージシャンの経理】その7・収入-(売上原価+必要経費)=利益!!の話(FINAL!!)

【ミュージシャンの経理】その6・ミュージシャンの在庫の話

パワハラはスモールビジネスの経営者の皆さんの隣に・・・

【ミュージシャンの経理】その5・ミュージシャンの固定資産の話?

【ミュージシャンの経理】その4・収入-(売上原価+必要経費)=利益!!のはなし。

【ミュージシャンの経理】その3・ミュージシャンの必要経費って?

【ミュージシャンの経理】その2・ミュージシャンの売上原価って?

【ミュージシャンの経理】その1・ミュージシャンの収入って?

経理と税のはなし~違い、わかりますか?

スモールビジネスの経営の形~個人事業と法人~

会計ソフトについて考えてみる