投稿

【ハンドメイド雑貨屋の経理】ネット通販の売上はどう経理する?

スモールビジネスの経営者の皆さん、こんにちは。
エスエス会計所属税理士のSawadaです。

9月も後半に入りましたが、雨が続いています。急に涼しくなったのですが、衣替えが追い付いていません。

周りでも、風邪を引いたり、体調を崩している人も多いです😞皆さま、体調管理にお気をつけください。

👉👉👉
さて、今日から新しいシリーズが始まります。
今回から、10回にわたってハンドメイド雑貨屋の経理をお伝えしていきます。ネット通販を使えば、誰でも「おひとり様メーカー」になることができるこの時代。自分の好きな事をビジネスにできるって素晴らしいことです。

だからこそ、長くビジネスを続けるために、しっかり経理を行って、赤字にならない経営を目指して行きましょう。

マインドマップを拡大

新しいシリーズの主人公は、レザー小物を自分で作って売っているアキラさん。以前はIT関係の会社に勤めていましたが、大好きなレザー小物をお客様に届けたくて、「レザーファクトリー★ターコイズブルー」をネット上に開店して3年目。常連のお客様もついて来て、順調にビジネスが成長しています!

●ネットショップの売上の注意点 ネットショップに出店し、そこで商品を販売すると、銀行に売上が振り込まれてきます。
でも、10,000円の売り上げが上がったとしても、入金されるのは10,000円ではなく、9,000円です。つまり、売上金額からネットショップの運営業者に支払う手数料です。

この場合の売上は、10,000円?9,000円?迷いますね。
経理の世界では、売上と費用は別々に考えます。

売上→ネットショップの売上は10,000円。
費用→ネットショップのシステム利用料は1,000円。
手取→預金に入金されるのは10,000円-1,000円=9,000円。

この様に考えます。

●自分のオンラインショッピングサイトでの売上の注意点 アキラさんは、大手の通販サイトでの出店の他に、自分のホームページ上にもオンラインショッピングサイトを置いています。

ここでは、主にセミオーダー品の受注を行っており、大手の通販サイトでの販売よりも上位商品を取り扱っています。

ここでは、決済はクレジット決済に限定しています。

クレジット決済の場合も、10,000円の売り上げが上がったとしても、入金されるのは10,000円ではなく、9,700円です。つまり、…

スモールビジネスのカタチ~事業所得か、雑所得か~

スモールビジネスのカタチ~法人化するか、しないか~

【カフェの経理】その10・株式会社オレンジペコ※の法人税・地方税・消費税

【カフェの経理】その9・株式会社オレンジペコ※の成績表~貸借対照表と損益計算書の読み方

【カフェの経理】その8・カフェの経営の成績表って?

【カフェの経理】その7・カフェの現金と預金の管理の話

スモールビジネスの消費税率改定対策の第一歩は、レジやソフトの改修から!!

【カフェの経理】その6・カフェの減価償却費と固定資産の話

【カフェの経理】その5・カフェの人件費の話~従業員給与について~

【カフェの経理】その4・カフェの人件費の話~役員報酬について~

【カフェの経理】その3・カフェの在庫の話